こんばんは、吉田です。



と言う訳でパチ禁生活も2週目。

特に普段と変わらず過ごしてはいますが、後1ヶ月も持つのかと不安ではあります。


それではどうぞ。






<パチ禁日記8日目>


夢を見た。

逃げ暴れるアヒル(途中で合鴨になった)を捕まえ、マックのポテトを食べさせたらアヒルの頭がバラバラになって死ぬ夢だった。


二度寝をするとまた夢を見た。

俺はドライブしている車の助手席でタバコを吸っていて、何でも鑑定団で見たエルメスのオイルライターで火をつけていたが、何故かジェットライターレベルの火が出ていた。ちなみに俺は非喫煙者である。


夜中、布団の近くに黒い物が落ちていたのでよく見てみると頭と胴が分離したカメムシの死骸があった。どうやら俺が気付かぬ内に踏んでしまったようだが、体液も出ていないし、足も無い。数ヶ月くらい経った死骸の可能性が高い。

俺はあんまり進んで虫を潰す事はしないので、少しホッとした。


頭がバラバラと言えば今朝の夢である、もしかしてアレは正夢......いや、どちらかというと虫の知らせか。



<9日目>


さあ、遂にこのパチ禁生活も1位タイになった。

これくらいパチ禁が続いたのは去年、破茶滅茶に負けた時以来であろうか。

明日、10日目を切り抜ければそこそこ長いパチンコ人生の中で一番パチンコを休止できた事になる。

外的要因が無ければバリバリにパチンコを打ち続けていたとは思うが、何とかここまで辞め続けられたのも事実。

果たして、10日目を抜けた先に新境地はあるのだろうか。


多分何も変わらねえんだろうなあ......


ちなみに今日は......特に何も無かった。

やけに寒かったのと窓の外から見た桜が散り際だったくらいか。

それとパチンコのスペック表を見て鍛錬していた、スペック当ての牙だけは研いでおかねばなるまい。


後、最近は永井先生を良く見ている。

20078年くらいの奴を見たり、最新の奴を見たり......年代はバラバラだが、深夜に2007年くらいの動画を見ると世代では無いのに謎の懐かしさが込み上げてきて変な気分になってしまうのだ。

やはり永井先生は面白い、仲間にも恵まれているし。



<10日目>


パチ禁新記録。感慨はなし。

永井先生を見る、先生が深夜に大谷池と言う心霊スポットでテントを張って夜を明かそうとしたらたまたま来た族に気付かれ、バイクをふかして威嚇されまくって涙声になっていた。


先が見えねえなあ...ツインAとか打ちたし。



<11日目>


IMG_3770


そーれ それそれ

そーれそ!

[斬!]

そーれ それそれ

そーれそ!

[斬!]

そーれ それそれ

そーれそ!

[斬!]

おりゃ おりゃ

おりゃ おりゃ よっしゃあ!

  漢が 燃える

それが定めよ 

槍もて弓もて!

法螺をふけ!

[斬!!!!!]

いくさは漢の華舞台

[斬!!!!!]

肉断て骨断て!

体かませ!

行けや松風

修羅を一騎駆け

幾千万の

敵陣目掛け斬りこめ

崩せ叩け潰せ!

崩せ叩け潰せ!

地獄の馬 戦友と駆ける

魔物に候

崩せ叩け潰せ!

崩せ叩け潰せ!

舞ってみせようぞ傾き舞い


<11.1>


FullSizeRender


そーれ それそれ

そーれそ!

[斬!]

そーれ それそれ

そーれそ!

[斬!]

そーれ それそれ!

そーれ それそれ!

よっしゃあ!

  漢が 惚れる

命短し恋せよ漢

うぉおお

  漢が 燃える

それが定めよ 

(セリフ)

『この鹿毛と申すは、

茨がくれの鉄兜、

前田慶次が馬にて候

破っ!

吠えろやおらべや!

勝ち閧を

[斬!!!!!]

右手には 血槍の男伊達

[斬!!!!!]

さくらのごとくに 散りて夢

死ぬは定めか

命花と散れ!

どくろが笑う

いくさ場目掛け斬りこめ!

砕け 叫べ 揺らせ

砕け 叫べ 揺らせ

うなりあげろ 我れが槍よ

太刀の血がし吹く

砕け 叫べ 揺らせ

砕け 叫べ 揺らせ

花の慶次いざ傾き舞う




<12日目>


久しぶりにパチンコを打つ夢を見た。

後ろめたい気持ちで打っていた。

そう言えば俺は昔から、吸わないタバコを吸ってああついに吸ってしまったと思う夢を見るのだ。


破滅願望だろうか、禁忌とするものへの焦がれだろうか。でもパチンコはともかく別にタバコ吸いたいと思わないしなあ。


このパチ禁生活、夢を見る日も見ない日も寝起きが一番打ちたくなる。

どれくらいパチンコが日々のルーチンに組み込まれていたのかと考えるとため息の一つ二つもつきたくなるが、今現在パチンコに行っていないのでまあ良いだろうと思ってため息を引っ込めた。

俺は未来志向なのだ。

ちなみに未来志向と言うのは、過去を省みず同じ過ちをホールで繰り返しては明日から行かないなどと考えている俺を極限まで柔らかく表現した場合に一番適切な言葉である。



<13日目>


マンションの水は不味い。

郷里が水の美味い地域だった事もあって、神奈川の水道水はそのままでは飲めた物ではなかった。


どんな味か説明すると、神奈川の水道水は口腔に含んだ時に鉄が香る。

なんとか飲み込んでも口の中に鉄は残る、感覚は口の中を傷付けた時のそれに似ている。


俺がサバイバルでもしていたならば貴重な飲み水に涙を流して喜んだ事だろうが、ここは現代日本、多少の味を求めてもバチは当たらないだろう。


と言うわけで俺は試行錯誤の結果、2つの方法を発見したのである。


まず1つ目は一度沸騰させてから冷ます方法。

これはたまたま発見した方法で、カップラーメンを食べる時に湯を沸かした後そのままにして置いた水を飲んでみたところ、鉄の味が少し柔らかくなっており、まだ飲用できる水になっていた為である。


調べてみると、煮沸をする事で塩素が分解されるとか。やはり間違ってはいなかったようだ。

しかし23分程度沸騰させると身体に良くないトリハロメタンとか言うのが増えてしまうとか(1015分程沸騰させれば減少するらしい)、うーん面倒くさい。


2つ目の方法は、紙パックの烏龍茶に混ぜて飲む事である。

まずは1L入りの紙パックのお茶を半分ほど飲む、うまい。

そうしたらば消えた半分を水で希釈するのだ。

2倍希釈なら香りも味も残っている、まだまだいける。

4倍、香りは残る。

8倍、色は透明に近づく。

16倍、限りなく透明、香りは少し残るが、味はほぼ水である。

32倍、遂に臨界点を越える、紙パックに染み付いた茶の残り香だけを頼りに飲む、水道水の味がその主張を尊大なまでに強め、鉛筆のような味がする。


と言うわけで16倍希釈までなら飲める事が判明した訳だ、水道水が不味いなあと感じたら是非一度試してみて欲しい。


......以上がパチンコで負けて小銭しか無い時にやっていた、生きる為の技である。

他に88円で売っていたブルボンのチェルシーを舐めて糊口を凌いだりしていた事もあるが、それはまた別のお話。



<14日目>


今でもちょこちょこパチンコのスペックを見ているのだが、いつごろからだろうか、スペックを見ても打ちに行きたいなあではなくこんな台もあったなあになってしまっている自分がいる。


まあ珍古台が根こそぎ......とまでは行かないが、根元に近い所まで刈られてしまったのは確かな訳で。

打ちたいと言う願望が懐古に変わった気持ちはこういうものなのか。


今は珍古台を打てないので、新台に注視している。

遊タイムと言う天井機能が搭載されている台が出てくるようで、パチンコの未来はまあまあ明るいと思う。


だがしかし、あの頃にあったこの店に行きたいと言う気持ちは当然ながら記憶の彼方な訳で、行動でどうにか出来たあの頃と違って、新台が出るのを待つと言う行為では冒険心を満たす事は出来ないのだ。

待つしか出来ないと言うのは今の状況と似ている様な気がする。


今日も今日とて怠惰の至り、寝よう、寝る。