こんばんは、吉田です。


本日、目覚めたのは朝4時を過ぎた頃。
目覚めた瞬間、浅い眠りと明けない夜の暗さから、5時を回っていない事は分かった。


一度起きてしまうと眠れないのが普段の俺である為、とりあえず朝までの時間潰しを始めようとしてパソコンを開いた。
寝ぼけたまなこで聞いたのは和田アキ子である。
(朝を待つのに丁度良い曲だと思う)

聴いていると、次の動画の候補として俺の世代ではない曲、いわゆる“懐メロ”と言う奴がバンバンと出てきた。

昔の曲は嫌いではない、むしろ好きだ。
曲の海を掻き分ける様にしていると、ある歌手を思い出した。

飯島真理である。

マクロスの初代でリン・ミンメイと言うキャラクターを演じた事でアイドル的な人気を得て一世を風靡した歌手だったが、そのキャラクターとして曲を求められるのが嫌になってしまい、結婚を機にニューヨークへ移住したらしい。

これらは全てネットで得た知識の上、マクロスも見た事が無い。
何故俺がこの人に興味を持ったかと言うと、5chのスレッドが原因である。


昔、ふとした拍子に調べた検索ワードでたまたま飯島真理のスレッドがあった事を知ったので、中身を見てみると何というか......中傷の嵐であった。

掃き溜めの本領発揮と言った所だろうか、飯島がブログで書いた事を貼り付けて、アラを探して、ネタが無くなれば過去の事を持ち出してスレッドは1000に向かって進んでいく。

海外に合わせる為の無理なボイストレーニングがたたって喉を痛めてしまったとか、年に一度日本に帰ってきてライブをする事で出稼ぎに来ているとか、嘘か本当か分からない様な事も色々書かれていた。


そんな事を思い出したのでもう一度飯島真理のスレッドを見てみるとやはり全く変わっていない、やっている事は堂々巡りである。別に辞めろなどと言うつもりも無いが。

恐らくファンが変質してこうなったのだろう、ここまで言われていると今はともかく昔の曲を聴きたくなった。ので聴いた。


才能の塊である、なんだこのピアノは、そりゃあ世界に羽ばたこうともするだろう。

でもその結果を考えてみると、日本に残っていた方が良かったのではないか、そうすれば今頃5chで言われる事は......などと今更思っても仕方ない事、俺の人生とは全く関係の無い事が頭の中でぐるぐる巡った。

この悲しいようなむず痒いような、喩えづらい感情は寝不足で感傷に浸りやすくなっているせいだろうか。


ふと、外が明るくなっている事に気付いた。





それではまた今度。