こんばんは、吉田です。
今日はとあるパチンコ台について書いていきたいと思います。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

まずは皆さんにお尋ねしますが、この台をご存知でしょうか?
IMG_6978

このブログでも散々紹介したクソ台、ハクション大魔王ですね。

この台は人の神経を逆撫でする様な演出がウリでして、打つ度にストレステストを行われているような気になる為「Sammyの野郎...」と常々思っていましたが、

実はSammyは悪くなかったのです。

IMG_7340

...そんな目で僕を見ないでください。

ではその理由をお教えしましょう。
実はSammyがクソみたいな煽り演出をしていたのは「ハクション大魔王に忠実にする為」だったのです。

と言っても皆さんは余り意味がわかっていないようですので、例を上げましょう。

(数日前)

ぼく「ツイッター面白えなあ!あ!この人パチのハクション大魔王の話してる!ディスらなきゃ(使命感)」

FullSizeRender
(日課)

ぼく「いやー良いことすると気持ちが良いなぁ...ん?」

FullSizeRender

ぼく「なんだこのおっさん?!」

ぼく「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン!じゃないよ!呼んでないよ!」

ぼく「はー...あ!この人もハクションの話してる!ディスらなきゃ!(病気)」

FullSizeRender
FullSizeRender

ぼく「フフフ...」

IMG_7343
FullSizeRender

IMG_6870

...ハイ、と言うわけで原作自体が煽り全一だった為に、Sammyのハクション大魔王の演出バランスもストレスしか与えない物になっていた訳ですね!なのでSammyは全く悪く無いのです!そんな訳ねえだろハクションの開発は二度とドラム機作んな

そんな煽り全開クソドラムであるハクション大魔王にはもう一つ欠点があります。

それは打つと負ける、という事です。

IMG_6911

ですが私が言っているのは割とボーダーが甘いから店側が回さないので結果的に負ける、とかそんな話じゃありません。

この台は煽り演出で心を殺され続けた人間の負のエネルギーが残留しているので、打つと粘っこくそれが絡み付いてくるのです。

IMG_7345


...果たして本当にただのオカルトでしょうか?その例として、とある方の体験をお話しします。

その方の名前はGドウさん(プライバシーに配慮して一部名称を変えさせていただきました)。
スロットブログ「Sロッピキ」を書いていらっしゃる人気ブロガーであります。

その方が朝イチに打った台は甘デジのハクション大魔王。

FullSizeRender

僕はコレを見た瞬間即座に反応しました。

FullSizeRender

勿論Gドウ氏の身を思ってです。
しかしGドウ氏は禁忌に手を染めてしまいました。

FullSizeRender
(すぐに当たってる...)

なんか僕が軽く煽られている様な気がしますがこれはハクション大魔王の呪いが身体に回ってしまったせいで自分の意思に反して煽らざるを得なくなってしまっただけですので仕方ありません。

その後Gドウ氏はバネが悪く不規則な飛び方をするハクションに見切りを付け、じゃぶじゃぶビートに移動しました。

しかし大魔王の毒は全身を駆け巡り、Gドウ氏を侵して行ったのです...。

FullSizeRender
(25分の1で113ハマり)

FullSizeRender
(3倍以上ハマり)

そしてじゃぶじゃぶビートに見切りを付けて向かったマジハロ5で...

FullSizeRender

この様に、ハクション大魔王の毒はじわじわと身体を蝕んでいきます。

更には舞い戻ったじゃぶじゃぶビートでST突入するも

FullSizeRender
(うれしそう)

FullSizeRender
(92%継続のSTで単発)

...と、散々な目に遭っているのです。

皆さん、もう分かりましたね?
ハクション大魔王は人体に有害です!

人の負の感情を吸収したハクションは、文字通り“大魔王”となってしまいました。
そこで皆さんが出来るのはただ一つ、ハクション大魔王を破壊して浄化する事です!


あ、そうだ。
IMG_7354

こっちのハクション大魔王はまだ打ってないので壊さないで下さい。



それではまた今度。



追記:この記事を書き終わった後朝イチでハクション大魔王を打ちに行った所当たらなかったので辞めて、他の台を打ちましたが一度も当たる事は有りませんでした。
ハクション大魔王には呪いが掛かっている事が身を以て証明されましたし、僕の大魔王への怒りもいよいよと言う所です。
と言うわけで1週間程パチ禁をして、対ハクション最終決戦への力を溜めようと思います。

次回予告(来週)
破壊か和解か、二つに一つ
IMG_7357


こんばんは、吉田です。
今日は僕の嫌いなステージ演出について書いていこうと思います。


と言うわけで早速なんですが、おそらく皆さんは抽象的なステージと言うのが何か分かっていないと思いますので、例を挙げますと
IMG_7285
FullSizeRender

こう言うのです。

...つまり僕は演出に絡まないのに主張だけしてくるよく分からないステージが嫌いなのです。

こう言うステージだとどうしてもステージには絡まないステップアップ演出等で熱さを演出する他ありません。

皆さんはここで待てよ?と思われるかもしれません。

例えばエヴァシリーズはどうだろうか、アレはステージに絡まないステップアップ演出ありきだけど名機ではないか、と。

FullSizeRender
(実は一番打ったエヴァ7)

IMG_7293
(シトフタ)

確かにその通りです、僕もエヴァは大好きです、しかし皆さん少し考えて下さい、

エヴァは静かなのです。(8〜13は無かったことにしてください)

つまりルパンのネオンステージ(名指し)の様に演出に全く絡まない癖にやたらビカビカと眩しく、演出の邪魔でしかないのが嫌いなのであって、ステージ演出もほぼ無く、目にも優しいエヴァは好きなのです。

IMG_7207
(これはエヴァですか?)

と言うわけで、僕は抽象的で眩しいステージ演出が嫌いです。

ちなみに全部眩しい台はもっと嫌いです。

IMG_7294
IMG_7295
(画像ですら眩しい)

この台を作った開発は一度で良いので1日中この台を打ってみてください、勿論普段掛けているサングラス(多分)を取って。



それではまた今度。

こんばんは、吉田です。
今日はパチンコの図柄、それも動物モノについて考えてみようと思います。


と、その前にこの台

IMG_7195
(ワンダークーちゃん)

ワンダークーちゃんですね。
フル攻略時の機械割が102%のこの台ですが、2017年9月に導入されたにも関わらず全国に設置店は2店舗。確かリースの様な方式でも導入されたんでしたっけ?

とまあ軽い基本情報を抑えた所で、ワンダークーちゃんことクーちゃんの犬種はシュナウザー。
IMG_7197
(いらすとや君ってなんでもあるね)

ヤマサの社長である佐野氏が飼っている犬が元ネタの様ですね。
筐体上部にあるドイツの国旗はシュナウザーの原産国がドイツだからでしょう。どシンプルだなぁ。

そしてシュナウザーと言えば...
FullSizeRender

狂気の色遣いでお馴染み、わんわんパラダイスの4図柄もおそらくシュナウザーですね。

IMG_7198

こうして見ると半分以上の図柄が目にダメージを与えそうなくらいの色遣い、過剰なまでの装飾品ですが、図柄なのでこれくらいが丁度良いです。

何故かと言いますと、本来の犬種の色合いに寄せ過ぎると、図柄の視認性が下がってしまい、リーチが掛かるまでどれが揃えば良いのか分からなくなってしまうからなのです。

IMG_7199
(大人しい色遣いだった為に非常に分かりづらかったわんパラと南国育ちのパクり台)

IMG_7200
(同じメーカーでも極彩色で図柄を区別しやすい台)

こうして見ると絵としての良さは兎も角、原色に近い方が見分けやすいのだとよく分かりますね。

IMG_7202
(レジェンド)

IMG_7205
(開発陣は膨らませた動物を図柄にする事になんの疑問も持たなかったのか)

いやー、非常に多種多様な図柄があって面白いですね、ん...?

IMG_7203

ん...この台は知りませんね、何という台でしょうか?

IMG_7206

ああ、この台ですか、これは誰も座らなかったので、パチンコ台としての視認性が低かったのだと思います。

それではまた今度。



↑このページのトップヘ