こんばんは、吉田です。


今日も今日とて行くはホール。
氷点下を下回る中でも冷めやらぬ熱が俺の歩みを促す。
打つのはいつもと変わらず1パチ甘デジ、しかし今回はいつもと違い6000円の所持金があるため、盤石の代名詞と言ってもよいだろう。

ちょっと珍しい乙女フェスティバルの甘デジがあったので打ってみると2000円がガブガブと呑まれ、台移動を繰り返す。
3000円が呑まれた所で身体を倦怠感が襲う、学習性無力感と言う奴だろうか、染み付いた敗北の臭いはタバコの煙よりも鼻につくし、取れにくい。


最早勝ちを望むのでは無く負けを減らす事に意識が向き始める。
投資が4000円を超えた所で一度も当たらないフラストレーションに頭が熱を持った。
俺の理性は既に砂上にあるバスティーユである。
打ち壊そうと思えばすぐにでも可能で、厭わず獣性を開放できるだろう。

台を通して先人が拓いた地獄へ続く道が見える。
そこを踏み固めて舗装する自分の姿も見えて、暗澹たる心持ちになった。


打ち震える心は時化の海に安らぎを求める。
長い待ち時間ののち投資4800円、ようやくの当たりである。
そこからは溜まりに溜まったストレスをどこかにやる様に連チャンをした。
電サポを抜けてもすぐに当たるので、遂に投資分を回収してしまった。

勝利は怒りをぼやけさせて、鋭く尖って刃じみた心は錆び付いて何も切れなくなってしまった。

そこからはウイニングランである、打ち続けて打ち続けて......




気付けば出玉は全て消えてしまった。
俺は幻覚でも見ているのか。

景色がぐらぐら揺らぐので、残りの1000円を20スロのハナハナに呑ませた。
何故か金を持ち帰りたく無かった。
最後まで勝ちを諦めようとしなかったのか、どうなってもいいやと言う破滅願望が俺の背中を押したのか......

今となっては分からないが、敗北した俺は何でもないような顔をして泣いていた、無論心で。
禍福は糾える縄の如しとは史記の言葉であるが、余りにも縄が強固だったもので、ほどいて帰ることが出来なかった。





それではまた今度。

こんばんは、吉田です。


俺は今、夜行バスに乗っている。
まあ用事があるので仕方がないが、8時間もバスに揺られなくてはいけないと言うのは中々に酷じゃあないか?と思う。

さて、俺が乗り込んだのは23時発のバスだが、神奈川から出るにあたってホールに噛み付き、多少の傷を付けなくては俺では無い。
と言うわけで今日は何があったのか書いていこうと思う。


時刻は17時、この季節だともう日が沈むような時間帯である。
早速だが、手持ちは5000円。
しかし電車代等もあるので、実質使えるのは3600円。
時間、金額ともにギリギリまで死合う覚悟があったので、とりあえずはホールに向かった。

打ちたい台はいつもと変わらぬ海物語太鼓の達人。
個人的に、2019年に出た甘デジで一番面白いんじゃないかと思っている。
この台は魚群が弱い、ギンパラ3よりは強いがそれでも弱い。
その代わり、強演出が出たなら泡でも当たる、むしろ泡の方が当たるまであるのだ。
泡が当たる海は時化ない海、なんて事を誰かが言っていた様な気がするが正にそれである。
SANYOは完成度の高さを誇っていい、そして大工の源さんと咲阿知賀編はもっと頑張ってほしい。

それはさておき、俺が着席したのは海3R2である。
海太鼓を打つと思わせて海3R2を打つあまのじゃくさが俺にはある。
そして投資1000円で辞めた、1000円で当たらない甘デジは奈落まで引っ張られていく気がする。

そして次は仕事人甘を打った。
目を刺す光量と隣まで侵食する振動がしゃらくさいが、確変機の流れを感じたので打った。
投資600円、割と素直に2で当たり、雲が晴れて確変に昇格。
確変中念仏の鉄が出てきたが、外してしまった。
熱い演出を外した後はどうしようもないリーチが来るもので、にべもなく通常を引いて手持ちは2600円と800発。
半分帰ってきた事に安堵と一抹の不安を感じたが、回りも悪くないので打ち続けると時短抜け数回転でPフラッシュが。
あからさまに身体に悪い光が脳に焼けついてネバつく気がしたが、これを歓喜の代償として甘んじて受けとった。

その後手持ちが2200発程になったのでいよいよ海太鼓である。
海に愛を込めて打ち始めると、チャンス目から背景にタツノオトシゴが出てリーチ。泡。
チャンス目はSP確定、タツノオトシゴが出てSPリーチははちゃめちゃに熱い。(80%以上ある)
泡だろうがなんだろうが押し切れる物と思って見守ると、通り過ぎた後にサメが戻ってきた。
内心ドキドキはあったが、まあ当たって当然だろうと傲岸不遜な態度を取った。

通常だったが、時短抜け後すぐにまた4で当たった、おそらく天国モードに入ったのだろう、俺の横で谷村がスイカの様な大口を開けて笑っている気がした。

しかし通常、時短も抜けたがまたすぐに4で当たった。
通常3連続はやっていられない、少しだけふて腐れていると8でテンパイした後に豪華絢爛の旗が踊った。
期待度は80%以上である。
高鳴る胸に応えるように8で揃い、ラウンド開始時に画面がブラックアウトした。
確変以上確定の太鼓の達人ゲームである。
無論難易度は“おに”でゲームをした、これで機械割が上がるだろう。

しっかり狙ってコンボを繋ぐと、金どん保留が舞い降りてきた。
技術介入成功である。
そこから遮二無二連チャンした。
通常図柄は止まらないし、止まっても太鼓の達人ゲームが顕現する。
今まで連チャンしなかった分を取り返すかのように12連チャンした。
この時点で5900円のプラス、大勝利と言っても過言では無い。


そして時間も丁度良い。
鶴見から横浜に向かうと時刻は20時50分、2時間もすればバスが来る。

......しかし、俺の熱は冷めていない。
パチンコは続いてしまってバスに乗れない可能性があるが、20スロのノーマルならば......?
幸いと言うか何というか、ハイハイシオサイが近場にある事を知っていたので横浜駅から程近い店に。
1万円のうち使えるのは9000円だが、ハイハイシオサイは99分の1で当たる。
つまりは3000円も有れば大体当たると思う。
多分。

この店は1000円で46枚貸しなのでいつもより札に紙切れ感がある。
あっ、という間に投資は4000円になったが、何とかビッグを引いた。
ここで辞めればトントンだが、煌々と光るハイビスカスの怪しさにほだされたので、連チャンに期待を込めて打ち続ける事にした。

百数十ゲーム回して残り1枚の所で光った。
変則始動で小役が揃わなかったので、そのままボーナスを狙ったが揃わず。
つまりはレギュラーである。
貸出ボタンを押すのは口惜しいが、レギュラーでも無いよりはマシなので涙を呑んでメダルを貸し出し、その後全て呑ませた。

急激に後悔とひりつきが襲ってきた。
1時間前まで5000円勝っていたのに、今はトントンである。
手持ちの残りは5000円だが、使えるのは4000円しか無いのでこれでどうにかする他無い。
敗北した後の夜行バスはさぞかし身も心も重いだろう、いっその事乗るのさえバックれてしまおうか何て思ったが、起死回生の為にジャグラーに向かった。

着席したのは角のマイジャグラー3、理由は無いが、打つんならジャグラーだろう。
俺もアイツも道化だし。

投資3000円 バーバー7のリーチ目。

とてつもなくイヤな予感がするが、揃えない事には始まらないので1枚がけてレバーを撫ぜると、パチパチとランプが瞬き、分裂し、長いウェイトののちリールが始動した。

手持ちは残り2000円、使える金は1000円だったので、破茶滅茶に汁が出た。
破滅の縁をなぞるスリルには抗えず、ジャグ連を狙うと50回転ほどでビッグ。
あからさまにプラスである、もう一度ジャグ連を喰らいたくなったので130まで回し、流した。

330枚と2000円、この2000円でハイハイシオサイに舞い戻り、にべもなく2000円が消えていったので交換。
7000円とカルパス、ウィダーインゼリーになった。

ウィダーインゼリーをひと吸いで腹に収め、6本ほどあったカルパスは思いっきり口に頬張った。


先程から比べれば負けだが、今日一日を通せば立派な勝ちである。
さて、そろそろバスターミナルに...

行かない。

最早俺は暴走特急である。
猪突猛進で123横浜店に行った所、この日は年1のイベント日という奴らしく中々に人がいた。
とは言っても打つ台はジャグラーである、合算の悪いゴーゴージャグラーが空いていたので即着席。
投資2000円 優しく甘い光が俺を祝福した。

中押しをした後強気の右押しをすると、7が下段に滑った。
ビッグである。

即流すと、6500円とチオビタドリンク、伊右衛門2本になった。

夜行バスに乗る8時間で水分も必要になるだろうし、買う手間が省けた。

その後バスに乗り込み、今ブログを書いているのである。

結局7400円のプラスで終わる事が出来た。
突き上げた腕は快哉の代弁である。

恐らく俺はこれを持って1円パチンコを打ち、一定以上負けたらノーマルを打つのだろう。
上手くいくかどうかは知らないが、楽しくパチンコを打てる事を切に願うのみである。




それではまた今度。

こんばんは、吉田です。


俺は最近憤った。
自分でも、立腹と言う言葉が似合うな、と思っている程度には。
何故こんなに怒るのか、自分の傾向を探った結果どうやら俺は他人の不義理、言うなれば失礼な事をしている人間が大嫌いな事に気付いた。

何も知らない他人ごときに怒るのはどうか、などという意見もあるとは思うが、俺はこの怒りの火を誰かに吹き消される事があってはならないと思っている。
怒りの落とし所を見つけて火を消すのは自分で無くてはならない。
誰かに言われてかき消されるような怒りならば最初から無いのと同じだし、偽りだろう。

他人からの話を聞く事は重要だとは思うが、この怒りをどこかに散らすのは俺のアイデンティティに関わるはずだ、今後もこう言った事があった場合には憤っていこうと思う。


さて、怒りの話はキリがないのでこれくらいにして、問題は如何にして怒りの遣り場を作るかである。
怒りとはストレスへの近道、もっと言えば超光速航法(ワープ)と言えよう。
ストレス=怒りとは言えないが、怒り=ストレスであるからして、これを緩衝する何かが無くては胃が持たない。

時に“適応機制”と言う言葉をご存知だろうか。
人間はストレスに対して無意識のうちに対処をするので、それを分類に分け体系化したものである。
幼児期の行動を真似て精神を保つ“退行”が有名だろうか、Twitter上で女の子のイラストにリプ欄で「ママ...」と言ったりするアレである。

冗談はさておき、俺は一体どんな適応機制で己を守護っている(まもっている)のか気になったので考えてみる。

勉強がダメでもスポーツなら負けない、と違う何かで代替する“補償”と言うのは無意識にしていると思う。
最終的には腕力で解決するしか無いと思っている世紀末の人間なので、口喧嘩になった時でもそこからどう殴り合いに持ち込むか考えているのだ。
自分が余りにも法治国家に合わない思考をしているのでイヤになってきてしまった為次に行く。

欲求をスポーツや宗教等に変える“昇華”というのもあった。
敗北のストレスを文章化し、こうしてブログに書き連ねている事を昇華だと思ったが、わざわざ自分が負けた事をブログに書いているのは昇華とは別の何かでは無いかと思い始めてきた。
マゾヒズムとか。
俺はパチスロブロガーの年間収支プラスは全て妄言だと思っているので、パチスロブロガーはプラスとマイナスどちらに転んでもマゾヒストか妄言かと言う最低の二択を選ばなくてはいけないことになってしまった。


キリが無くなりそうなので、ここら辺で適応機制などではなくストレスを如何にして発散するか、具体的な方法を考えてみようと思う。

まずは酒だ。
ストロングゼロは悩み、不安、ストレス、煩悶、懊悩を脳から背けさせる神の如き飲料で、高揚感や幻覚作用を伴う事から古代インドの祭祀で用いられた“ソーマ”と呼んでも差し支えないだろう。
デメリットを挙げるとすれば“身体に悪い”だろうか。
適応機制で言うと、物を壊したり人に八つ当たり、更には自分にまで攻撃が及ぶ自傷であると言えるので“攻撃”であろうか。
ちなみに俺は酒が全く飲めない。
ほろよいで泥酔する程度には下戸だ。

つまり酒がはけ口になる前に吐けてしまうので、これはストレスの発散にならないと思う。
高揚感を得る前にぐでんぐでんになってしまうし。

酒と来たら次はタバコだろうか。
喫煙のメリットはストレス軽減である。
しかし調べたところによると、ストレス軽減はニコチン切れの離脱症状の緩和によるものらしく、およそ健康的とは言えない。
そしてタバコとは口寂しさから喫うものなのでフロイト的に言えば口唇欲求、母親の乳房を求める乳飲み子と同じ...ならば適応機制で言う“退行”になるのだろうか、少し遠い様な気もするが。

ギャンブルに依存して変異した脳細胞は大根からたくあんになるらしく、ほぼ不可逆的なものらしい。
それを更にタバコでいぶりがっこにする必要はないと感じる。

最後のストレス解消法は大衆娯楽の殿堂、このブログのメインとしてもお馴染みパチンコ・パチスロである。
サンドに金をぶち込むだけで手軽に夢とひりつきとストレス解消出来るし、現実から目を背ける事だって可能だ。
かく言う俺もバチバチにハマっており、食費などを削って怠惰と堕落を交互に味わい恍惚に酔っている。
酒もタバコもしない俺が何故ここまでハマっているのか、たくあんになったせいもあるかもしれないが、おそらく一番は逃避である。
世の中に溢るるストレスの一掬いを吐き出す場所はパチンコなのだ。
俺にとって怒りの遣り場は初めからきまっている。
誰にも迷惑がかからず、狂気の混じる大当たり音でストレスやらなにやらがフッとどこかに遠ざかるあの瞬間を求めてパチンコを打っている。

と言う事で自分が普段打っているパチンコを適応機制に当てはめた所、欲求不満を生じさせている対象を別の対象に移し替える“置き換え”、赤ちゃんがえりをする“退行”、困難な状況から逃げようとする”逃避“、破壊的行動や自傷などで欲求不満を解消する“攻撃”などに該当する事が分かった。

これだけ適応機制に溢れていると、パチンコを辞められなさそうなのでストレスが溜まってしまった、なのでまたパチンコに行ってストレスを解消しようと思う。





それではまた今度。

↑このページのトップヘ