こんばんは、吉田です。


前回の華牌Rに続き色々打ってみようのコーナーであります。
ちなみに手持ちは3000円でしたが、この前にジャパン海初代甘で2700円程プラスにしておりますので5000円は使える計算、盤石ですね。

ぼく「いやあ、久しぶりに勝ったねえ」

ぼく「今日は帰って家の近くの焼肉屋にでも行くかな」

帰り道

ぼく「パチ屋があるねえ」

ぼく「そういやここ、咲の甘デジがあるよな...」

ぼく「...」

IMG_7243




投資0円




IMG_1470
FullSizeRender


当たってしまいました。


IMG_7547
(ななぱちのオリジナルパチンコ)

冗談です。

今、実にホットな咲の甘デジに着席しました。

IMG_1578

IMG_6883

僕は原作を知りませんのでよくわかりませんが、恐らくこれが阿知賀編なのでしょう。

投資1000円 特訓モード

ぼく「セグが光ってないからただの小当たりだね...お!特訓モードに入って一保留目でまた特訓モードに行った!...ってまた小当たりか」

ぼく「一応小当たり確率調べてみるか」

FullSizeRender

...どうやら僕はどうにもならない200分の1を2連続で引いたようです。

IMG_9178

こうなってしまったら頭に血がのぼるのは当然、その後ザルバを打ったりゴーストネオを打ったりしました。

1時間後

FullSizeRender

IMG_9465

ここ数回の稼働は全部こんな感じでちょい浮きから負けみたいな逆Vが多いので心が折れかけています。



それではまた今度。

こんばんは、吉田です。


まずはこちらをご覧ください。

FullSizeRender
(ヘルシングが好きそうな名前をしている)

と言うわけでそろそろ“今度”と言ってもよい頃合いだと思ったので打ちに行きました、どしゃ降りの雨の中を歩きながら。(倒置法)

いつものように手持ちは3000円、129分の1を打つのには心許ないですが、打つと決めたら打たねばなりません、“漢”ですので。

投資400円 ローズチャレンジ

ぼく「マッチに火を付ければ大当たり...?」

ぼく「何言ってんだか...」

華牌Rくん「カシュッ...ボッ!

IMG_1527
(当たり)

IMG_0648

...マッチに火がついて当たりました。
リーチ前に赤文字が出たくらいだったのでビビりましたが兎にも角にも電サポ突入。

電サポ中は...赤イルミ待ちですかね、多分。
通常も電サポ中も10%20%前後くらいの期待度のリーチがたまに来るよう感じで嫌いでは無いです、打ち込んで変に知識を付けるよりも打ち始めの方が楽しい台なのかな?

IMG_1531
(大当たり終了後「あんたプロか!?」と台に認められたのでこれからパチプロを名乗ろうと思います)

3連で終了し手持ちは1400発、とりあえずこのまま打ち続けます。

IMG_1537
IMG_1538

ハイ、そんな訳でシームレスにお助け部を打ちます、華牌の告白リーチ?なんか普通に外れました

そしてお助け部の逆告白リーチはまあまあ熱いと聞いております。
ちなみにカードの効果でビッグパト発動期待度20%と出ましたが鳴ってはおりません、がしかし、逆に言えば80%は告知無しで当たるのでは無いでしょうか?(希望的観測)

→一緒に帰って噂とかされると恥ずかしいし...

IMG_1562

その後甘海を打って手持ちを400円まで減らし、3000発を出してプラスにするも気付いたら全て無くなっていました。−3000円

IMG_1176

ちょっと勝ったら辞めるが出来ない男と申します。




それではまた今度。

こんばんは、吉田です。
お茶、濁します。


と言うわけで今まであんまりやってこなかった収支発表単独記事であります。

理由としてはゲームしたりインタビュー記事書いたりゲームしたりゲームしたりパチンコ打ったりパチンコに負けたりしていたら前回の記事から少し時間が経ってしまったのでリハビリしようかと...。

早速ですが11月の収支はこちら!

FullSizeRender






IMG_9124

ハネる様な勝ちも無ければ絶望する様な負けも無い...結果マイナスではあるので真綿で首を絞められているような感じですが、イマイチ...ねぇ?

まあ理由としてはアレですね、連勝が無かった事ですね。

FullSizeRender
(連勝の例、ちょこちょこ勝ちを積み重ねてレートを上げて行って大敗によって死ぬいつものパターン)

僕は勝った翌日にも行って昨日の勝ち分を全て溶かすみたいなパターンが多いのですが、今月はそれが顕著に表れたと思います。

パチンコで勝った金で焼肉が食いたい、そう思う今日この頃でした。




それではまた今度。

↑このページのトップヘ