こんばんは、吉田です。


今日も今日とて向かうは大南無。
回らないのは承知で、打つ理由は店の雰囲気である。
自分で島の端にある計数機に自分で箱を流せるゆるさが何だか俺に合っている気がするのだ

そしてオカルティックな話になるが、この店の甘はハマる代わりに謎の連チャンをする。
回らなくてハマるけれど一度連チャンモードに突入させてしまえば2、3箱は出る感じがする。
波、と言うものの存在を薄く身体に感じる打感である。

手持ちは野口英世が5枚。
ここまで有れば盤石だと思っているが、前回ガブガブと呑み込まれたので細心の注意を払う。

2000円を使い、戦国乙女花甘で当たりの後、乙女アタックを失敗した。
追加で1000円、何を打っても当たらないし手持ちが半分以上消えたので、額にじわりと汗が滲んできた。
もはや救いは海の底と定め、海JAPANwith太鼓の達人に残りの英世をぶち込む覚悟を決めた。

投資400円 確変図柄が揃う。
勝ち負けはともかく、次回の当たりが確約されているだけでも随分と心持ちは安らかになった。
まあ3連程度で終わってしまったが、1箱弱も有れば遊べるだろう。

その後、浅い当たりと人並みの連チャンを繰り返し、2箱弱になった所で台移動。
向かうは先程の乙女花甘、俺は好きな台にそっぽを向かれたままだと悲しくなってしまうタチなのだ。

玉を少し呑ませると、もっとときめきボーナス(2R確)が飛び出してきた。
電サポは無いが、このST中に仕留めてしまえばST+時短が付く。
潜伏ST中に金演出が到来、絢爛の色である。
流石に当たり、75%継続のST+時短突入、お熱い時間の始まりである。

単発でスルーしてしまった、良く考えれば今の季節は冬、熱い事など有るはずがない。
続けて打つと浅い回転数で当たるが、乙女アタックをスルーしてしまった。
ところでST中の電サポは24回転だが、電サポ抜け後も4回転の潜伏STがある。
おそらくテンパイした時点で確定だろう。

何故か7テンしてしまった。
4回転で36分の1を引き、かつ大当たり時の10%を取れている事を想定していなかったので、脳が喜びに震えた。
その後、15R4回、6R5回の9連で終了。
15Rが確率以上に引ける事など俺の人生には無いと思っていたが、小さい夢が一つ叶った。

さて、この後も打ち続けて手持ちは6000円になった。
時刻も21を過ぎようとしているので良い頃合いである、10スロでニチャニチャやってやろうと決意した。

投資500円 ハナビで遅れからドンビッグ。
完璧な流れである。
辞めようか迷ったが、まだ閉店まで時間はあるので200まで打ち続け、150枚ほどを持って台移動。

次に打つのはグレートキングハナハナ、俺は妖しい光に頭をやられたいのだ。
持ちコインで特殊点滅、両側がもやもやと光った。
嬉しいが、これでは無い。
左右、左右と俺を艶っぽく誘う光が見たい。


時刻は22時37分、持ちコインは0枚、回転数は300。
夢を追った結果、メダルはどこかへ溶けてしまった。
結局この数時間で500円勝った、まあトントンなだけマシだろう。

......ふと、店内にBGMが流れている事に気付いた。


ああ、そう言えば俺がこの店で一番好きなのがこれだった。

俺は流れるセプテンバーを背にして、満ち足りた心地で家へと帰った。






それではまた今度。

こんばんは、吉田です。


いつものようにパチ屋へ。
今日は大南無(仮)に骨を埋めるべくして4000円を持って打ち始めた訳であるが、まあろくでもない台ばかりだ。

台の選定とかでは無く、釘が。
俺が編み出したパチンコを楽しく遊ぶ為のボーダー、吉田ボーダーを下回る台がゴロゴロしている。
漂う死臭。
こんな死体のような台を打っていては俺まで死人になってしまうので台移動を繰り返す。

2000円を入れた所で不二子甘が当たり、13連もした。
手持ちは一気に7000円程になり、調子に乗った。
回らない台ならば速く当てれば良いのだ、抑えきれないニヤニヤした面で乱れ打ちをしていると、全て呑まれた。
呑まれるまでに良い所が無かった訳ではなく、悪い所が余りにも多過ぎた。

後悔と同時に狂う程のデジャブに襲われた、俺が漫画の登場人物だったなら時間がループしている事に気づかざるを得ない程度には。
しかし現実は非情にも非現実を許さないのでループはしない。
後に残るのは勝ちから負けに転じた痛いほどの現実だけだ。

今思えば、不二子の連チャン回数は13回、つまり絞首刑を受ける囚人が昇る階段の段数と同じである。
俺は自ら望んで13階段を昇ったのか、その先に待ち受けるものも知らずに。

ほうほうのていで外に出ると、引きずり込まれそうな暗闇と痛みを感じるほどの冷たさが俺を襲った。
闇夜を切り裂くように吠えてやろうと思ったが、羞恥を捨て去る事も出来なかったので、とぼとぼと背中を丸めて帰った。





それではまた今度。

こんばんは、吉田です。


えーとですね、実は私ブログを始めて9ヶ月程になりまして、飽き性の俺がよく続いたなと思います。

と言うわけでキリが良いわけでは無いのですが、そろそろ皆さんの為に俺がこの記事を抑えておけばブログの流れを理解できる!と題していくつか記事をチョイスしたので軽い説明を交えてお届けします。


今までに打ってて腹の立った台(私怨含む)を紹介していく記事です。
そしてこの中で出てくるのがこの台。

IMG_2570

俺が蛇蝎の如く嫌う台、CRハクション大魔王ですね。
記事内でも批判を繰り返しています、そこまで嫌いじゃないんですけどね。(歪んだ愛情)

そしてそれに続くのがこの記事。


IMG_2572

七匠版ハクション大魔王の方がヤバいと言われて遠出してまで打ちに行った記事です。

IMG_2571

この俳句で大体察していただけたと思います。


僕は基本的にパチンコを打つ時はやけっぱちで打つのですが、それが自分の肉体に及ぶ事があります。
つまりは緩慢な自傷行為なのですが、この記事では気温31°の中、厚手のパーカーを着て打ちに行っています。
何故でしょうか?(自問自答)

そして行き過ぎたやけっぱちはついに......


IMG_2574
IMG_2576

自分の頭皮に及びます。

まずはハサミで髪を切り、そこから髭剃りを使ってツルツルにしてやったのですが、髪を代償にしても勝利は得られませんでした。

せっかく丸刈りにしたのだから、何かしら頭で遊んでやりたい......
思いついたのは自分で遊ぶ、誰も傷付かない狂気の沙汰でした。



IMG_2579
IMG_2580

自分でコラ画像を作りました。

IMG_2577
IMG_2578

俺はたまに“琵琶法師”と呼ばれる事があるのですが、その理由はこの画像を作ったからに他なりません。


......と言うわけで、コレが俺の上半期のまとめです。

一応下半期もあるのですが、それはまた今度書かせていただこうと思います。





それではまた今度。

↑このページのトップヘ