こんばんは、吉田です。


今回は前々回の勝ち分が残っている為、財布には11000円入っている状態でホールへ。

ここから先狙うのは、レートを少しづつ上げて尚且つ連勝に次ぐ連勝で財布の中がパンパンになるアレである。大体数ヶ月に一度その波が来る。
いわばわらしべ長者的なモノを狙っているわけだが、ハイリスクなので出来るだけ細心の注意を払って打つ。
まあ結局は悲劇的な結末、敗北をまともに食らって財布の中に野口すらも無くなるザマなのだが。


さて、稼働内容である。
10スロを打った、なんかレギュラーがいっぱいきた。
気付けば11000円負けていた。


肩をアルマジロの様に丸めて帰る、自分の心を防御する為だろうか。
その道中で幾度もの自戒・後悔をした。
11000円は俺のプライドである、言うなれば無から有を産み出した気分で、さながら錬金術師の心持ちである。
その産み出した物があぶくのごとく弾けてしまえば残るのは以前の俺だけ、錬金術師の前職は一般人だ。
そうなりたくないのに更なる夢を求めてしまう矛盾の中で俺はパチンコを打っている、おそらくコレは破滅願望であるが、実際の所俺は起死回生を求め続けているのだ。

話は変わるが、機械割100%とは何だろうか。
長い目で見れば負ける事は無い、魔法と魅惑の言葉なのは間違いない。
が、ヒキの弱い人間が打てばどうだろうか。
例をあげると、今回打ったピラミッドアイはビッグの枚数が変動する。
平均は130枚だが、俺は130枚に到達する確率が大体20%くらいしか無い。
ただでさえ少ない枚数が更に少なくなればどうなるかは言わずとも分かる事だろう、機械割は到底100%など至るはずもない。

パチンコ屋にいる羅生門*どもの顔を見れば分かるだろうが、口をぽかりと開けて何も考えていない。

*羅生門=マナーが悪く薄汚い老人の事を指す

奴らの人生にまで言及するつもりは無いが、おそらく色々なモノを掴み損ねてきた結果があの幽鬼じみた立ち振る舞いなのだ。

さて、そんな瘴気が漂う魔界、いやホールで機械割100%と言うチャンスを掴めるだろうか、いや、掴めない。
羅生門どもの気にあてられて俺まで餓鬼になってしまう。


......実際の所俺のヒキが悪いのをどうにかしてなすりつけたいだけである。あれらの問題はまた別の所にあるのだ。

そんな事を考えながら家に着くと疲れがどっと出た、負け疲れだろうか。


パチンコ屋で見たうたかたの夢は寝覚めが悪かったので、布団に入って寝直した。





それではまた今度。

こんばんは、吉田です。


前回の勝ちが3月で初めての勝利であった俺は、調子に乗って朝からパチンコ屋へと向かうのであった。(あらすじ)


今回はダイエーアミューズメントメガゾーン店(仮)に行った。
と言うのも最近、ミルキィホームズと言うスロットの良い評判をよく聞いており、ちょうど2スロに落ちてきたので2スロの初打ちがてらミルキィも打ってやろうと思っていたのだ。
それはそうとして、一応他の台も見てみようと思いP-WORLDを見ていると、とある台に目が釘付けになった。

FullSizeRender

それはセブンインパクトくんである。
ベルコの使い回しセグ台、突破のキツさ、ST回数の暴力......。
前々から香ばしさを感じており、一度打ってみたかったのだ。

と言うわけでミルキィには悪いがまた今度の機会とさせてもらう、大体2スロでは脳汁が雀の涙ほども出ないし。

打ち始めると、開始数回転で赤保留外れ。
なるほどこう言う台かと思っていると、台がちょこちょこ喋っている事に気づいた。

まずリーチ中、男性の声で“生きては返さぬ”と言われた、怖い。

“行くぞ野郎ども”と言う声も聞こえた、確かに俺は野郎だが複数形なのか。

2度目の赤保留でリーチが来る前だったか定かではないが、女性の声で“イカリを上げて出航よ”と言う声が聞こえた。

......え?
海賊モノだったのか、コレ。
セブンインパクトと言う名前にも筐体にも当然ながら海賊要素は1ミリも無いので、めちゃくちゃ硬派な台だと勘違いしていた、何故パイレーツオブカリビアン的なボイスが入っているのか全く分からない。

この際パイレーツインパクトにでも名前を改めたらどうか、などと考えていると2度目の赤保留で当たった。

IMG_3463

IMG_3464
(当たった後は何故か保留がピンク色になる、何故?)

さあ、ここから25回転で99分の1を引く針の穴を通すようなキツい突破を成功させれば90%継続である。

IMG_3466

まさかの1回転目で当たってしまった、パチンコはこんなに簡単なモノだっただろうか。
時刻は朝の9時半を回る所、夜の9時半まで続けと希望を込めて乾坤一擲の右打ち。



IMG_3469

パチンコはこんなに上手く行かないモノだっただろうか、絶望を込めて満身創痍の玉抜き。


手持ちは400発と少々、甘でさえ当てるのは難しい出玉であるからして、何に移動すれば良いのかさえ分からない。

IMG_3470

答えはここにあった。
そこそこの早い当たりを重ね、4連続でビッグを引いたので4000発くらいまで手持ちが増えた。

ここまで来れば後はウイニングランである、シンフォギア甘に着席。
600発程度で当たりを引き、最終決戦。

IMG_3478

クリスが絶唱まで育った。
実は最終決戦で絶唱を引いたのは初めてであるのでよく分からないが、なんと信頼度は92%もあるらしい。


FullSizeRender

うん。90%をスルーするんだから92%も外すよね、そりゃ。

今の内にヘソ保留を溜めておこうかと思っていると、2つ目のクリスが赤文字で突破。もう俺にはシンフォギアが分からない。
そして80%継続はスルー。

次はマクロスF3の甘デジ、ST突破、スルー。

この時点で90%、80%、76%継続のSTをスルーしている俺は自分が一体何を打ったら良いのか分からなくなってしまって、結局ウルトラ6兄弟に座ってしまった。

250回転ほどさせて群が外れたのでヤメ、持ち玉は600発丁度になった。

やっぱりもっと安定するスペックを打つべきだなと思い、シト新生へ。
この600発を使い切ったら20円でピエロやホワホワ光るハイビスカスだのに手を染めてやろうとやけっぱちになりつつ打つと、リラックス枠。

まあシト新生のリラックスはあんまり熱くないので期待せずに見ているとストーリーリーチに行き、特にチャンスアップも無く当たった。
俺の中のこれでいいんだよおじさんが大きくうなずいている。

図柄は通常で時短に行き、そのままスルー。

俺の中のもういいだろうおじさんが大きくうなずいたので交換して帰った。+600円。

帰る途中、マックが食べたくなったのでマックに。
ポテトとチキンクリスプ、ストロベリーパイを買った。−420円。

IMG_3481

外は結構良い天気で、ほのかな陽射しの下で食べるマックも悪くはないな、なんて事を思った。






それではまた今度。

こんばんは、吉田です。


以前も書いたが、実は今月全敗していた。
収支表を付けなくなってからもう数ヶ月経つというのに、まぶたを閉じれば鮮血に染まった真っ赤な収支表が見えるのだ、無論染める血は俺のものである。

俺は学んだ。
ここ最近の敗北は全て1パチの甘デジが原因だ。
ならば最初からスロットを打てば良いのだ、何故今までこんな単純な事が出来なかったのだろうか。

という訳でダイナムセプテンバー店へ、手持ちはいつも通りの3000円、今までを考えると心許ないが、虎の子であるからして負ければ心が痛むのは事実である。負けたくない。


5スロのコーナーに向かい、打つ台を探す。
アルペジオのGRTバージョンを打ちたかったが先客が居たので番長Aに着席、機械割が100%なので座らない理由は無いだろう。
俺はこれでもガチガチの立ち回りをしているつもりである。

IMG_3454

数回転でチャンスリプレイから青7が揃った、実に嬉しい。
RT終了後に流せば1000円勝ちにはなる、赤い収支の俺としては喉から手が出る程欲しい青色だった。

RTはやたらと調子が悪く、300枚少々のメダルが270枚近くまで減った。
そこで精算して流せば良いものを、100ゲームまで追いかけてしまった為に500円勝ちくらいのメダルまで減らしてしまった。

こうなったら俺は止まれない、エヴァまご2に移動。

開始数回転で斜め下がりにリプレイ・リプレイ・スイカと揃った。
猛烈な違和感、なんだったらリプレイのランプが光っている。
一応見間違いを考えて次の回転で挟んで中リールにスイカを狙うと小Vにズレた、そりゃあそうだよなあと独りごちてボーナスを揃えるとノーマルビッグ、50ゲームのRTには行かず。
違う台を打とうか迷ったが、近場のジャグラーを打っている羅生門*が強打しているのでヤメ。

*羅生門=パチンコ屋に良く居るマナーが悪く見た目が薄汚い老人の事。


と言うわけでメダルを流すと300枚と少しのメダル、この店は1000円で178枚貸しの為、交換する時は約100枚(恐らく99.何枚)で500円になるのだ。

1000円勝ちで止めるべきだろうか、落ち着いて考える為に必殺仕置人の甘を打った。

500円を入れた所で当たるも時短はスルー、雀の涙みたいな出玉が呑まれた所で手持ちは2000円と300枚、打ちたいパチンコも無いのでどうしようかなと考えていると、10スロにあるピラミッドアイが脳の裏をかすめた。

今持っている2000円、いや1000円で打てる10スロは魅力的である。しかしコイン持ちがとても悪い為、もし仮に打つとするととんでも無くスピーディーな勝負をする事になるのだ。


気付けばピラミッドアイに座っていた。
速攻でレギュラーを引き、速攻で全て飲まれそうになった所でビッグを引いた。
しかしボーナスが揃えられない。1枚役が邪魔をしている。
ボーナスを揃え、左側にバーを止めた所で追加投資を余儀なくされた。とても悔しい。

そしてこのボーナスがクセモノで、バーを狙わなくてはいけない0枚と15枚役が一対一の比率で成立している為、枚数がめちゃくちゃに荒れる。
仮にボーナス中に全て15枚役を引いた場合は180枚程出るが、天文学的と言っても良い数字。
実際の所ビッグで平均130枚出るらしいが、そこは引きの弱い俺だ。

IMG_3455

こんなふざけた枚数で終わる事もある。
しかし俺は打ち続ける、何と言っても1で機械割100%である、打つ理由としては余りにも十分だろう。
なんだか今日はボーナスの引きも良い。ボーナス中は早く消化してくれと痛苦の表情で打っているが、通常時は合算40分の1の為演出が起こっただけでチャンス、特に演出が無くてもベルスイカテンパイが外れたりピラミッドが止まったりして当たるのであるからして、当たる楽しさは味わえる。

FullSizeRender

恐らくこれは奇跡である。
不二子Aの限界突破とは比べ物にならないヒキをした気がする。

ここで俺はボーッとし始めた。
頭にあるのは“余りにも出来すぎてはいないか?”と言う思念だった。
今月は全敗、なんならまともな勝ちは一ヶ月以上前になるのだろうか、負けている事が多すぎて今勝っている事が信じられない。
悲しい慣れである。

ハッと気付くと少しハマり始めていたので流すと1300枚、上出来も上出来。
続けて打とうか迷ったが、昼過ぎになってから人が多くなってきている為、座りたい台に座れない。
無理をして打つ必要は無いので、休憩室で少しだけ休んで家まで帰った。





それではまた今度。

↑このページのトップヘ