こんばんは、吉田です。


いつものようにホールへと向かう俺。
平常ではない事と言えば、前日15分程しか寝ていない事と、手持ちがいつもの倍の6000円あるのでバチバチと火花散る勝負が出来そうな事くらいか。

睡眠が不足した疲れからか亡者の様相で向かう先はホールではなくとある寺。

IMG_2403

ここは総持寺と言う所らしい。
かなり巨大な建物がいくつもあり、広大な敷地に7、8つくらいはあった気がする。

何故眠い目をこすりながら来たのかと言うと、鶴見のホールに行く時にまれにここを通っているのに、一度も入った事が無かったからである。

別に寺社仏閣にさほど興味があるわけでは無いのでただの気まぐれではあるが、建物が巨大なせいか荘厳な雰囲気がしたような気がした。

とりあえず本堂で線香に火をつけて巨大な釜に添え置き、手を合わせる。
そして今から考えれば不可思議な事だが、俺は寺なのに願い事をしたのである。
そう言った願い事は神社、八百万の神々の領分であろうが、まあ仏も涅槃に到達してるのだから、寛大な御心で許してくれるだろう。

ちなみに願い事は“何かいい事ありますように”だ。
なんだか抽象的でふわっとしていて、具体例を出すよりもいいと思ったのである。

例えいい事が無くとも、この後食べたご飯がいつもよりちょっと美味しかったとかで“何かいい事”と出来るので、夢を叶える事のみに特化した願いだ。

にしても寺社仏閣巡りは悪くないが、めちゃくちゃ楽しい訳でもない。
まあ当たらないパチンコを打っている時よりは何十倍も有意義で楽しいかな、なんて事を思いつつ総持寺を後にした俺は、その足でホールへと向かった。



打つ台はまず身体を暖める緩い台が良い。
とりあえず5スロで、普段20スロではあまり打たないような台を...

これが良い、まごころを君に2だ。

とりあえず1000円札を投入、この店は500円(100枚)から貸してくれるので、ボッタ店にしては割と優しさがある。

とりあえずぽちぽちと打ってみると、数十ゲームでレギュラーを引いた。今流せば100円くらいは勝ってるだろうか、だがこれは食前酒として打っているので、まったく持ってやめる気はない。換金は500円からなので交換したら金では無く飲み物になってしまうし。

持ち玉でSBB、5スロでも一回引けば2000円なので、正直嬉しい。

そこからも調子が良く、一箱を積んで下皿に3、400枚程入っている状態になった。

...もしかして、仏さま...?
祈りを叶えてくれたのか、今まで溜めた10連敗でくすぶりつづけて溜めた穢れが解放したのか分からないが、とりあえず今はあるがままを受け止めるべきだろう。

そして下皿が崩壊しかけた所でSBB、そこからレイチャンスも引けるしボーナスに繋がる。

IMG_2405

数珠でこんなに出したのもいつぶりだろうか、1G連なんかもかましたので、100ゲームまで回してヤメ。

流してみると、2400枚。
11500円の勝ちである。

もう以前勝った事すらおぼろげなのに、1万円以上勝ったなんてなると最早幼稚園の頃の記憶と同義だなあと思ってホールを出た。


そして家に...帰らない。
浮ついた足取りで街を徘徊する、なんてったって浮かれているから。
自分のヒキか仏の御心かは分からないが、とりあえず心中渦巻くのは万能感である。

ならば2店舗目に行っても...良いのでは無かろうか。
1パチならばそんなに負けないだろう、なんだったらちょいパチでも良い。

と言うわけで徘徊を経て2店舗目へ。
ちょいパチリングを打ったり、甘海を打ったりしていたらば2000円がペロリと舐めとられてしまった。


ここで俺は別の台に目が行く、20スロのジャグラーである。
無論打った時点で修羅の引き金を引く事になるのは間違いない、だがしかし今の俺には勝ちが浮ついている。
つまり低投資で勝った為にバチバチの勝負をした感じが無いので、勝利の表面しか味わえていない気分と言うわけだ。

しかし仏に縋ってまで得た勝ちを無碍にするのは勿体無い、なので鎖で自分の中の獣を縛り上げる事にした。

“甘デジを打ち、1000円で当たらなかったら20スロを打つ“と言う鎖を付けた。
当たって取り返せればもうけものだし、当たらなかったらそれはその時考えれば良い、先延ばしにしておこう。
運命の分かれ道を託すのは沖海4甘。

投資600円 当たり。

これでジャグラーを打たなくて良くなった、ありがたい。
そこから4連して1800発ほど出た。
投資が2600円なので、今やめれば800円負けで済む。

はずだった、気付けば持ち玉もパッキーもどこかの暗闇に呑まれていった。
こうなってしまっては先ほど自分に取り付けた鎖などは無意味、獣は鎖を引き千切り、修羅の引き金に指をかけた。


20スロのゴーゴージャグラーへ向かった俺は、下皿に折り畳んだ4000円を置き、地獄への道を進みはじめた。

投資3000円 ヤメ。

イヤな予感がしたので店舗移動、次。

乙女Aとジャグラーを打つ、光らない。
追加したのは6000円。


...最盛期17000円あった手持ちが、5000円になった。
元々6000円あったので、マイナス域である。
現状が夢である事を願うが、口内の渇きが俺を現実と呪いの狭間に引き戻す。

今から1円パチンコのミドルを打とうにも時刻は9時、当たる気もしなければ取り切れる気もしない。
実質レートは20しか見えていない。
引き金を引いた俺が5000円で帰れるはずも無いので、悲壮な気持ちを抱えながらまた別の店舗へ。
もう店舗を移動する気は無い、勝つにしろ負けるにしろ、ここが終われば次の目的地は家である。

選んだのはマイジャグラー3、もし仮に光った場合、ガコッ!と音が鳴ってしまうと恐らく今の俺は失神してしまうと思ったので無音で光る優しい台を選んだ、地獄への道は善意で舗装されている。

魂の5分の1である1000円札を投入、出てきた47枚は俺の矜恃の残滓だ。

ペシペシと押していると上段にバー、バー、7と揃った。
傷付けられたランプからはぼやけた光が見えた。

ピエロが戯れに吐く酸素を求めて、数少ない酸素を持って我慢比べをしていた俺はようやく救われたのである。

1枚掛けをして、中、左に7をテンパイさせる。
右に7とバーの塊が来るタイミングだけ確認しておき、リールを見ないように少しだけうつむき、第三停止ボタンを押した。



無情の音が流れた。



俺は叫んだ、心の中で。




この104枚はどうすれば良いのか、まあ注ぎ込むしか無いだろう。
俺は真顔でレバーを押してボタンを止める作業を繰り返した。

10回目、さしたるリーチ目も無く、ランプが妖しく絢爛に光った。

1枚掛けボタンを押してレバーを押すと、ランプが点滅しはじめた。
ゾワゾワと脳に快楽が訪れるのを感じた、プレミアだ。
右下段に7をテンパイさせて揃えるとファンファーレが俺を祝福した、まるでパレードのようだ。

その後は100ゲームまで回してヤメ、これくらいのお遊びは許されるだろう。

流すと293枚、47枚貸しの等価なので6000円にはなるだろう、これで丁度手持ちが1万円になるだろう。

...残りの手持ちは4000円、少し遊べないか...?

修羅の引き金は妥協を赦さない、俺は4000円を持ってもう一度地獄のフチをなぞりに行った。

マイジャグラー4を1000円分打った後ゴーゴージャグラーへ、雪辱を果たしに来たのだ。
道化師と俺、どちらが踊るかの勝負である。

2000円目を入れた所で、先程までうんともすんとも言わなかったチェリーでいとも簡単に刺さった、ここからが重要である。

中を押して、第二停止を左にすれば第三停止までビッグかレギュラーかは分からないが、右の場合は7が下段に来なければ大体レギュラーである。

俺は強気に右を押すと、7が下段にテンパイした。



俺は叫んだ。


快哉である。




今回は100ゲームまで回すつもりなど無い、0ゲームで払い出しボタンを押した。
結局手持ちは15000円まで戻った。
今度こそ本当に終わりである、外へ出ると一陣の冷たい風が吹いて、額にうっすらと滲んだ汗の存在を知った。






それではまた今度。




明けましておめでとうございます。



1日目

とりあえず衝動的に禁じる日記をはじめようと思いました。

まず理由の一つとしては賞を取れなかったからですね。

いえ、賞を取る事が当然だったと思っていた訳ではなく、得意ではないテーマにせよ、求められているものに沿いきれなかった事を反省しているのです。

恐らく文章力は水準を満たしている(多分)と思いますが、創作性の高いものを書いてしまった事、審査員に受けるものを書けなかった事が原因だと思われます。


まあ文章でメシを食おうとしているわけでは無いのでこの反省はいつかまた別の機会に活かすとして、2つ目の理由は敗北が常態化している事ですね。


この文章を書いている日も負けてしまったのですが、少し勝ってからの敗北を繰り返しているので、いい加減にしたいなと思っています。


そして3つ目は12の理由を足して、パチンコで得た物は何かと考えた結果何も無かった事なんですね。


いや、Twitterやブログを始めて出会えた方々もいるので何も無いと言い切ってしまうのもよくないとは思うんですが、それとは別に現状の自分に何か返ってくるものが無いと言う意味です。


今日は打つ前にコンテストの結果発表を見て、少し憂鬱な気持ちになって、それを吹き飛ばす為にパチンコを打って、財布の中身がどこかへ吹き飛んでいったわけで。


敗北の苦さで入賞出来なかった辛さを噛み砕いて嚥下したんですが、それってどっちもパチンコが理由なんですよね。


まあ相殺は出来たのですが、パチンコであった辛い事をパチンコで癒すのはかなりよろしくない事だと思いまして。


なぜかと言うと、結果としてここにいるのはただ2800円負けた俺だけなんですよ。


それってなんだかつまらなくないか?と思いまして、とりあえず禁日記として初めて見ようと思った次第です。


この文章を投稿するのは1ヶ月後(のはず)なので、19日現在の俺の気持ちとして見ていただければ幸いです。


それではまた今度。


追記:Twitterを休止した理由は、見ると打ちに行きたくなるのでは?と思ったからです。




2日目


今日はふりかけでご飯を食べました。

ふりかけ単品だとなんか足りないなあと思っていると、小学生の頃に給食でふりかけをかけたご飯を器同士かぶせた物でシェイクし、球状のおにぎりにした事を思い出しました。


子供の頃の俺が現在の俺に微笑みかけているような気がしたのでやってみましたが、ご飯は楕円形になって割れていました。

物悲しい気持ちで食べてみると、ふりかけがいい感じに馴染んで普通に食べるより美味しかったです。




3日目


僕は負けた日の翌日とか2日後くらいにパチンコを打つ夢、得てして勝っている夢を見るのですが、2日目になってもパチンコを打つ夢は見ていません。

以前は夢を見ると夢遊病患者の様にとぼとぼとホールに行き、悪夢を見て帰るのが常だったのですが、今回に関しては夢ごときに左右されないようにしようと思っております。

あえて見たい夢を挙げるなら...焼肉を食べる夢ですかね。




4日目


ええとですね、昨日堪えきれず行ってしまいました、1500円負けました。

酒もタバコもやらないのでストレスの逃し場所をこれしか知らないのです、と言い訳をしても仕方がないので反省。


俺はブログを書く事で自分の中に暴走特急の吉田という人格が出現したような気がしていましたが、もしかしたら自分は元々暴走特急だったのかもしれません。

闇夜の中で、マックのポテトを貪りながら家路へと就きました。


と、これまでが昨日の話。

今日は二度寝して、二度夢を見ました。

一度目は何だかいやらしい夢を、二度目は焼肉を食べる夢でした。


いやらしい事と食べる事を夢で見ると言う人間の三大欲求全てを抱括した体験をしましたが、人工甘味料の入ったジュースの様な薄い満足感だけが僕を包んでいました。




5日目


ニコレットと言う製品がある。

これはニコチンの含まれたガムで、禁煙グッズである。

つまり、急にニコチンを断つと禁断症状が出るのでこれを噛む事で症状を軽くしようと言うものだ。


実は同じようにギャンブルを禁じられるものがあって、名前をニコパチと言う。

まず20を表し、50を表す。

そして2050を掛けて1000、つまり1000円だけパチンコを打つ事でパチンコを禁じようと言うのである。


...と、ロクでもない事を書いてしまったが、俺は単純にパチンコを打ちたい訳である。

勝利の甘美に身を溶かされたいし、敗北の苦汁を身に浴びたいのだ。

心は論理ではなく、感情で生き死にを求めていると思う。




6日目


昨日はあの後パチ禁に出掛けて、1800円の負け。

1000の桁が1ならば1000円としてもよいのではないか、89入も許されて然るべきではないかと世迷言を言ったところで今日の話。

何とかパチ屋に行かずに済んだ、しかしこれはただのミスである。


閉店時間を勘違いしていた為、到着した頃には銀行が閉まっていたのだ。

お陰で飯のおかずは昨日買ったコロッケしか無いが、怪我の功名と言うべきか分からないが、金が無いのでパチンコに行けなかったのである。


金が引き出せないのであれば仕方がない、ギャンブルを打ちたいという心に灯った火はいつの間にか1月の冷たい風に吹き消されたようで、なんだかふわふわした気持ちで帰路に就いた。




7日目


昨日、ブログを書いた後呼び鈴が鳴りました。

8時くらいだったので珍しいなと思いつつ出てみると、モニターフォンには壮年の男女二人組。

以前鍵を家に忘れた若者が開けて欲しいと頼んできた事があったので(俺の住むマンションはエントランスと部屋で鍵が分かれており、俺は101号室なので呼びやすい)、その類いかと思い通話。


男「すいません私実は聖書の言葉が書かれた冊子を投函してまして...


男「怒りやすいとかそう言った事を起こさない様に出来ると思いますので...


ぶち切ってしまおうかと思いましたが、面白くなるかなと思って泳がせて見たところ何も無く終了。


IMG_2348


投函された冊子を見てみると...


IMG_2359



ぼく「なるほど」


少しだけ読んだ雑感を動画にしました。



どうせ輸血ができないから血の気が足りなくて怒れないんだろうなんて事を思いつつ就寝。


そして今日、パチンコに行き負けた訳であります。

年を跨いで10連敗、今年は後厄だったなと思いながら、ストレスを敗北の怒りで塗り潰したのです。


ただ最近はなんだか煮え切らないと言うか、燃え尽きた感じが無いのです。


敗北の苦しみに自分でブレーキを掛けてると言うか何というか、逃避と自傷の果てにある壮絶な死を求めているのかもしれません。





はい、と言うわけでパチ禁&Twitter禁の1週間を日記にしました。

本当は一月程やるつもりだったのですが、Twitterを辞めてもバリバリにパチンコに行って居ましたので、Twitterを見てパチンコに行きたくなると言うよりは自分の心がストレスのはけ口を求めているのだなと思いました。



それではまた今度。

こんばんは、吉田です。

と言うわけで今日も今日とてパチンコ屋へ、年末のせいか日曜のせいか、兎にも角にも人は多いです。

僕の目の前を行く少年はスキップをしています、恐らくは晦に近付く浮遊感の為でしょうか、実に楽しそうです。
僕も浮遊感を覚えていますが、これは漠然とした明日への不安から始まるものなので楽しくなどはありません。揺れる足元はさながら真綿のように柔らかく、不安定です。

そんな足元もおぼつかない中で逃避の為に向かったパチンコ屋。当然ながら空いている席は無いので少しホールを周ろうとすると、10人程の集団が店に入ってきました。

多分オフ会と言う奴でしょうか、揃いも揃って顔色が悪いので“うらなりの連なり”と口の中で留めておく程度の韻を踏んで別の店に。

次の店はボッタクリなので人もまばら、良い雰囲気なのでここで打ち始めます。

結局3000円が5200円になり、その後200円になりました。

徒歩で帰る途中、中学からの友人のグループLINEに写真が送られてきました
送ってきた相手は現在作家なのですが、サイン本がメルカリで転売されている、と自虐風の自慢をされたので仄暗い帰路で薄暗い気持ちになりながら、今自分が人より優れているものは何かと考えました。

腕力は人よりある方だよな、アレはアレだよな...と捻り出していると、なんだかイヤになってきてしまって、地球の重力が背中に重くのしかかってきます。

“このまま重さに任せてごろんと往来に突っ伏したらどれほど心地がいいだろうか”、“ああ、全部どこかに放り出したいな”と思いましたが、そうしてしまえるほど突き抜けてもいない半端な男なので、とぼとぼとせむしのように背中を丸めながら帰路へ。

ベッドに体重を預けると、急にスーッと気持ちが穏やかになり、自分は自分だと言う答えに辿り着きました。
なのでAmazonのレビューで彼の作品を見てみると、星1が半数近くあったのでもっと胸がすいてしまって、雲ひとつない晴れやかな心持ちになりました。





それではまた今度。

↑このページのトップヘ